NEWS

本作でそのどう猛な野性を存分に発揮するアメリカアリゲーター=“ワニ”
この度、主人公ヘイリーたちの唯一の逃げ道である<階段>を破壊し、意図的に退路を断ち、ゆっくりと確実に追い詰め、恐怖におとしいれていく様を描いた映像が到着!

サメを遥かに超える獰猛さを持ち、水陸で人間に襲い掛かる地球最強の捕食生物=ワニと、巨大ハリケーンという絶対に生存不可能な最恐最悪の組合せによる究極の極限状態からのサバイバルを描く本作。
今回、なぜ、主人公のヘイリーたちが逃げられなくなったのか、という恐怖の始まりを捉えた映像が到着。ラジオから警報が鳴り響く中、怪我して倒れた父を、ビニールシートに乗せて床下から逃げ出そうと、必死で階段へ向かう。あともう少し、というところで、猛烈な勢いで階段が壊され、現れたのは、巨大なワニ!驚きおののきながらも、父を引っ張り、ゆっくりと後ずさりながら、パイプで囲われた隅になんとか逃げ切るが…

 

s_crl_04005

助かったかに見えたのも束の間。階段がなくなった今、唯一の進路にはワニが口を開けて待ち、最大級のハリケーンの暴風域が迫りくる、まさに極限状態。果たして、父と娘は、この最悪な状況をどうやって乗り超えるのか。

この『クロール ―凶暴領域―』は、よくあるご都合主義の動物パニック作品とは全く異なり、ワニ本来の脅威と対峙するリアルな展開がみどころとなっている。本作の製作を手掛けるプロデューサーの1人、クレイグ・フローレスはワニの設定について「ワニは原始的な生物。何百万年もの間、姿を変えていません。それだけ完成されたハンターなのです。(この映画は)もし、洪水などの条件がそろって、彼らが家に来たら、という設定です。このハリケーンをきっかけに、原始的な脅威と戦わなくてはいけない。面白い組み合わせだと思う」と語っている。

また、動物学の講座が持てるほど徹底的に生態を勉強し、“ワニ博士”となったアジャ監督のこだわりは“リアルさ”。ワニのリアルさを追求するため、あらゆる手段を使って表現した。ワニの頭や尾など部分的に機械仕掛けで動くパーツから、巨大なワニそのものの模型も使用。また、水中でワニの動きを表現するのは、人間のダイバーが泳いで水流、水しぶきや波を作っている。しかし、そこからさらに、獲物を攻撃するときの尋常じゃないスピード感はCGが必要なため、アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しているカナダのRODEO社に依頼。ここは、『ターザン:REBORN』や『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でワニを担当しており、プロデューサーのクレイグ・フローレスは、「今までよりもさらに上を行くものを作ってもらった」と過去最高のワニが出来たと絶賛。

s_crl_04427r
こだわりぬいて完成したワニが、絶対的優位なシチュエーションで、主人公のヘイリーたちを、刻一刻と追い詰めていく。水位の上昇と共にタイムリミットが近づくスリリングな展開は、一瞬たりとも気が抜けない、極上のサバイバルスリラー!ハラハラドキドキが止まらない、88分。ぜひ、映画館の大スクリーンで体感してください!

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a3

10月6日(土)に開催された映画「クロール―凶暴領域―」の試写会イベントにお笑いコンビ「霜降り明星」が登場いたしました!

<イベントレポート>

 大きな拍手で迎えられ、霜降り明星の二人が登場。無類の映画好きでパニック映画などもほぼ網羅しているという映画ファンのせいやは、本作について「B級ではなく、A級の恐さ!だれることなく最後まで緊張感が張り詰めていて、臨場感もあってすごい面白かった!」、一方映画は普段あまり鑑賞せず、今回久しぶりに映画を観たという粗品は「自分は恐がりなので、パニック映画は初めて観ましたが、この映画は最後まで観られましたし、観終わった後、シンプルに面白い!と思った作品でしたし、見逃せないシーンばかりでした!」と語りました。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a2

本作の舞台となるフロリダ州は熱帯気候であり、まさにワニのような爬虫類が好む気候で、玄関先や庭先、ゴルフ場などに出没することがよくあるそう。最近、日本でも温暖化が進みワニが生息できる熱帯気候に近づきつつある今、お二人には、いつワニにばったり会っても良いよう、ワニに出会った際の対処法を学んでいただくことに。「道端で前方からワニが来たら?」(※1)、「水辺または、水中でワニに襲われたらどう対処する?」(※2)、「ワニの特徴として、獲物に噛みついたまま、獲物が死ぬまで自分の身体を回転(デスロール)させるが、噛まれたらどうする?」(※3)、などのお題が出され、ワニの被り物を被ったワニ役のせいやと人間役の粗品は、様々な対処法を披露!せいやの足の親指にヒビがはいっているにも関わらず、粗品がその足を踏んづけてしまうアクシデントなどもあるなど会場は笑いに包まれる中、果敢にワニに挑もうとする粗品の行動は全てNG!それぞれのシチュエーション毎の正しい対処法を聞いた二人は「皆さん人生の中でデスロールを経験する機会がきっとくると思いますが、この映画を観ることによって一人でも多くの命が助かれば、と思います」(せいや)、「やっぱ目は攻撃していかないといけませんね!あと、劇中でも使われていましたけど発煙筒は常備しておくべき!」(粗品)など感想を述べ、笑いを誘いました。

 

その後のフォトセッションでは、スペシャルゲストとして、映画に登場するのと同じ種類のアメリカアリゲーター“クロールくん”が登場!アメリカアリゲーターはアメリカ南東部の、河川や湖、湿地帯に生息。本作の舞台フロリダは、まさにアメリカ南東部に位置しています。クロール君は約10歳で、約2メートル。長生きする物は100年生きるといわれており、体長は平均的には3m35cmで、大きいと4.5m以上になることもあるそう。ゲージの中で活発に動き回る本物のワニを目の前に「こっわ・・」「うわー近づけない!」など恐怖におののきながらもなんとかマスコミの要望に応えるべく、“クロールくん”との撮影を終えた二人。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a0

最後に「パニック映画が好きなひとでも嫌いなひとでも、誰でも楽しめる映画です!僕の中のパニック映画ランキングでは上位にランクインしました!是非恐怖を感じに劇場へ足を運んでいただければと思います」(せいや)、「ストーリーがここまでしっかりしているパニック映画も珍しいのではないかと思うほど、映像や音楽も含めクオリティの高い映画だと思います。僕は、主人公の立ち向かっていく姿に勇気を貰いました。なので是非大きなスクリーンで観ていただきたいです」と映画をアピールし、イベントは大盛り上がりの中終了しました。

 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e2%91%a1

<正しい対象法はコチラ>

※1・・・ワニがやってくるのとは反対方向に猛ダッシュで逃げること。ワニは、長距離を走るのが苦手で、地上では時速18キロのスピードで移動するため、全速力で逃げればなんとか捕まらずに済む。対して水中では、時速が32.18キロと倍近くのスピードになり、静かに獲物に近づく為、逃げることは困難を極める。

※2・・・水辺であれば、ワニの動きが緩慢になる陸に上がること。または、指でワニの目をつぶすこと。ワニにとって目は非常に敏感な部分であり、暗闇でも視力が効く為、まずは目を狙うべき部分です。

※3・・・デスロールを開始したら、ほとんど生き残る見込みはありません。ワニの噛む力は生きている動物の中で最も強く、ますます噛んでくる為、無理にこじ開けてはいけません。しかしワニも餌がほしいだけで、戦いたいわけではないのです。足をすくわれること無く、必死で立って目や鼻先を思いっきり殴ってください。そうすれば餌でないと認識して、離してくれるかも!

 

映画『クロール ―凶暴領域―』は今週11日(金)公開です!

この度、MOVIX亀有にて爆音映画祭の初上映が決定いたしました!!

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-3

■上映日程
①10/11(金)19:10~ 
②10/13(日)11:45~

■特設ページ
https://www.smt-cinema.com/campaign/bakuon_kameari_201910/

心臓が爆発寸前の究極のサバイバルスリラー!
爆音でぜひお楽しみください!

この度、カヤ・スコデラリオ演じるヘイリーと、バリー・ペッパー演じる父の緊迫感溢れる写真の数々が到着しました!

s_%e2%98%85%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

巨大ハリケーンで街が浸水。しだいに、家の中も浸水。逃げ出そうとしたその時、目の前にワニが現れた…。ヘイリーと父が懸命に生き延びようとする姿や、ヘイリーが壁から流れる大量の水におののく姿や、水路から逃げ道を探す姿、そして、大型ワニがシャワールームの扉1枚向こうに迫る絶対絶命のヘイリーの姿など緊迫感溢れる場面写真の数々が到着しました。浸水の恐怖だけでなく、水中から忍び寄るワニの恐怖を感じさせるシチュエーション。彼らはどうやって、この危機から生き残ることができるのか?!

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-1

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-2

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-3

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-9

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-10

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96-4

本作を監督したアレクサンドル・アジャは脚本を読んで、「ストーリーに恋に落ちる感覚。めちゃくちゃわかりやすい。カテゴリー5のハリケーン、浸水した場所、民家、誰もが馴染みある場所、それとワニ。今まで誰もやっていなかったのが不思議なくらい。」とストーリーの素晴らしさを絶賛。さらに、「サバイバルものを作る時、しかもストーリーが1日で展開するようなものは、(観客が登場人物と)一緒に体験し、(映画という乗り物に)乗っていきたいものです。脚本に書かれたシーン全てが(ラストに向けて)積みあがっていくようにしたいんです。」と意気込みを語っています。


また、本作の前売りムビチケカードを8月23日(金)より発売開始いたします!

crawl_%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%81%e3%82%b1%e7%94%bb%e5%83%8f

【前売りムビチケカード詳細】
■ 8月23日(金)発売 / 劇場窓口にて(一部劇場を除く)
■一般1,400円(税込)
※なくなり次第、終了となります。
※本作ご鑑賞時に、ムビチケ利用可能劇場でのみご利用いただけます。
※画像はイメージです。

ムビチケオンラインはこちら

劇場でしか体験できない、究極のサバイバルスリラーにぜひご期待ください!!

本日8月2日“ワニの日”!!本作で主人公を絶体絶命の窮地に追い込む地球最強の捕食生物=ワニの“最恐の場面写真&新規本編映像”を公開!

本作で襲ってくるのは、体長5~6メートルという巨体をもち、人間や家畜を襲うこともあるとされるアメリカ・アリゲーター。今回公開された本編映像では、カヤ・スコデラリオ演じるヘイリーが逃げ込んだシャワールームで、薄い扉一枚を挟み執拗にヘイリーを狙う巨大ワニと対峙しなくてはならない危機的状況が映し出されています。さらには、ワニがその巨体をバスルームの扉にぶつけて、今にも突き破りそうな窮地に追い込まれます。「もはやこれまで…」という表情を浮かべるヘイリーだが、次の瞬間何かを覚悟した顔になり、なんと扉を開けてワニを扉の奥におびき出す— このあとヘイリーはどうなってしまうのか…!?ハラハラドキドキ感満載の映像となっています!

同時に場面写真も到着!鉄パイプを隔て、間近に迫るワニと対峙して恐怖におびえる主人公ヘイリー、薄い扉一枚を挟んで巨大ワニが迫ってくる、スリリングさ満載のシーンが解禁となります。

s_%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab-%e2%80%95%e5%87%b6%e6%9a%b4%e9%a0%98%e5%9f%9f%e2%80%95%e3%80%8d%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
 

Kaya Scodelario stars in CRAWL from Paramount Pictures. Photo Credit: Courtesy Paramount Pictures.
10月11日(金) 日本公開!どうぞ、お楽しみに!

この度、本作のスマホゲーム『ワニから逃げきれ! エンドレス脱出ゲーム』が、本日8月2日“ワニの日”に配信開始となりました

s_%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e7%94%bb%e9%9d%a2 s_%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e7%94%bb%e9%9d%a2%e2%91%a2 s_%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e7%94%bb%e9%9d%a2%e2%91%a1
 


今回配信が開始されたこのスマホゲームは、映画同様に浸水した街が舞台。ランダムに漂流してくる多種多様な障害物を避けつつ回復アイテムを獲得し続けながら、後方から追ってくる地球最強の捕食生物=ワニから逃げて逃げて逃げまくるゲーム。王道な障害物ゲームであるにもかかわらず、徐々にスピードをあげながら迫ってくるワニから逃げる映画さながらのスリリングな体験に手に汗握ること間違いなしです!10月11日(金)公開『クロール ―凶暴領域―』の究極のサバイバルスリラーを一足早く味わえる、中毒者続出必至のゲームとなっております!

▼プレイはこちらから

ワニから逃げきれ! エンドレス脱出ゲーム
映画公式サイト トップからもアクセス可能!

全米公開後、低予算ながら初登場No.1を記録し世界中で話題となった『ドント・ブリーズ』のプロデューサー サム・ライミが新たに仕掛ける、究極の極限状態のサバイバルスリラー『CRAWL(原題)』が、邦題『クロール ―凶暴領域―』として日本公開が決定、公開日が10月11日(金)に決定いたしました。
最大級のハリケーンに見舞われ、雨風によって実家に閉じ込められ、大量発生したワニから、負傷した父と共に脱出を図る主人公ヘイリー役は、2019年カルティエの新モデルに抜擢され、『メイズ・ランナー』シリーズや、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のニューヒロインとしての来日も記憶に新しいカヤ・スコデラリオが、彼女の父親役は『プライベート・ライアン』などで知られるバリー・ペッパーが務める。サメを遥かに超える獰猛さで水陸で人間に襲い掛かる地球最強の捕食生物=ワニと、巨大ハリケーンという絶対に生存不可能な最恐最悪の組合せによる究極の極限状態からのサバイバルを描きます。

本国で公開されるやいなや、世界で最も辛口といわれる米映画批評サイトRotten Tomatoesで驚愕の100%フレッシュを記録!

crawl_keyart_fix_ol

今回公開された予告編は、最大級のハリケーンに襲われたフロリダの避難区域で父を探す女性ヘイリーが、実家を訪ねるところから幕を開けます。地下で重傷を負った父親を見つけたヘイリーだったが、その瞬間背後から何物かに襲われ引きずり込まれる。誰も助けに来ない最悪の状況の中、巨大ハリケーンと、地球最強の捕食生物=ワニ、そして浸水のタイムリミットが迫る中、果たしてヘイリーはワニの巣窟と化してしまった思い出の我が家から、生きて脱出することが出来るのか・・・
同時に解禁されたポスタービジュアルでは、水中に蠢(うごめ)く巨大なワニへの恐怖に怯えながら、水上に浮かぶボートの残骸に避難するヘイリーの絶体絶命の危機的状況が描かれています。

開始早々から一瞬たりとも気の抜けない緊張感MAXな展開と、上映時間が進むにつれ危険度が増していく脅威に、心臓が爆発寸前の究極のサバイバルスリラーにぜひご期待ください!

公式サイト:https://crawlmovie.jp